OAGより2017年定時運航率上位20社が公表されました.

2018.01.17 Wed

OAGより2017年定時運航率上位20社が公表されました.

こんばんは.
世界の航空関連情報を提供する英国のOAGから,
2017年の定時運航率が高いエアラインが発表されました.
同社の資料によると.上位20社の社名と定時運航率は下表の通りです.
2017年もっとも定時就航率が高かったのは,ラトビアのAirBalticで,90.01%という実績です.
気になる,日本エアラインでは6位JAL9位スカイマーク
14位ANAがランキングしています.
国内線だけの運航をしているスカイマークがランキングされていると言う事は,
統計は,国内線・国際線を含めた割合と言う事になりますね.

定時運航率の定義ですが,皆さんご存知だとは思いますが.
定刻より15分以内に出発・到着したものを定時運航としており,
OAGでの調査もこの15分以内を元に算出された様です.
具体的には,出発については,定時出発率到着については,定時到着率
と現す様ですが,各付け会社によっては,定時到着率定時運航率,または
定時性として扱っている所も多い様ですね.
各付け会社は,この辺の定義を明確にすべきですね.

個人的に思うのですが,15分以内の遅延との事ですが,
空港の混み具合,機材の大きさ,国際・国内線の差異により,
搭乗・降機に要する時間もかなり差があると思うので,
一概に定時就航率を並べられても,一寸漠然として一寸首をかしげる気がします.
当然,便数が少なく,機材の規模が小さい程,全体として定時制は高くなりますね.
定時就航率ですが,大きな視点でみた場合比較の参考になりますが,
果たして,それが本当のエアラインの実力か?と言うと,条件が多すぎて15分以内との
定義だけでは,測れないと思います.,

なので,例えば,同一空港で,同一時間帯に運航する,航空A社と,航空B社で,
同一機材での定時就航率を比較するなら,本当のそのエアラインの実力がわかるので,
良いと思うのですが.皆さん如何でしょうか?

尚,OAGですが,同社のHPでエアラインや空港など各種レポートを月次単位で公開していますので,
是非見てみて下さい.私は,定期的に情報を自動配信する様に登録しています.

https://www.oag.com/

OAGから発表された,定時就航率の高い上位20社.参考まで,保有機数と路線数を併記しておきました.

2017エアラインランキング

コラム執筆はじめました
https://latte.la/column/columnist/129314
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)