FC2ブログ

地中海に描かれた747のシルエット

2019.11.05 Tue

地中海に描かれた747のシルエット

こんばんは.
たまたまネットの記事で見つけたのですが,
747-400を運航する,エアラインの1社であるイスラエルの,
エル・アラ航空747-400が,11/3に全退役したとの事です.
ラストフライトは,ローマテルアビブ行のLY1747便で,
ラストフライトの機番ですが,4X-ELC
ローマからテルアビブへの飛行時間は4時間:57分との事です.

このLY1747便ですが,ローマを出発した後,
地中海上空(キプロス島の南西沖)で747-400のシルエットを描いたとの事です.
実際にFR24Flightradar24)で,LY1747便を検索してみると.
確かに,地中海沖747-400シルエットが描かれていますね.
シルエットを描いた高度は10,000FTです.
747ファンとして・・・残念ですが,747のオペレータが,また1社なくなってしまいましたね.


地中海上空に描かれた747-400シルエット.(flightradar24より)
ly1747-2.png


LY1747便の飛行航跡(flightradar24より)
https://www.flightradar24.com/data/flights/ly1747#22b566bf
ly1747.png



コラム執筆はじめました
https://latte.la/column/columnist/129314
いつもご覧頂きありがとうございます.以下のアイコンを宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

庄内空港ビル創立30周年記念のモデルプレーンのご紹介.

2019.10.20 Sun

庄内空港ビル創立30周年記念のモデルプレーンのご紹介.

こんにちは.
先日の9月27日ですが,庄内空港の運営と空港ビルの管理を行っている
庄内空港ビル株式会社創立30周年を迎えたとの事で,
記念式典が開催されました.
当日は,ANAANA Team HANEDA orchestra も演奏で式典に華を添えた様です.

この庄内空港ビル創立30周年記念で,
庄内空港ビルのマスコットキャラクターである,”まめうさ”と,
庄内地方の景色をデザインした,”まめうさジェット”のモデルプレーンが,
限定で販売されていますので,
今回は,このモデルプレーンのご紹介になります.

モデルプレーンですが,庄内空港にも就航している,
A321neo1/150スケールでモデル化してあります.
実は,この”まめうさジェット”のデザインですが,
私の知人である航空関係者がデザインしたものです.
モデルプレーン化する前に,原画を見せて貰いましたが,
庄内地方を代表する,鳥海山月山,の原風景に,
国宝である,羽黒山の五重塔,そして,
風の強い庄内地方に多くみられる,近代的な風力発電の風車もデザインされています.
垂直尾翼の,まめうさが,飛行機を手にしているのも,
いいアイデアだと思います.

尚,この,”まめうさジェット”のモデルプレーンですが,
庄内空港食のセレクトショップ“庄内くう港”でのみの販売で,
限定100機,再販の予定は無いとの事です.
価格ですが,\26,400(税込み),送料は無料との事です.
是非,興味のある方はご購入されては如何でしょうか?

庄内くう港ショップHP
https://shonai-kuko.com/


庄内空港ビル創立30周年記念モデル まめうさジェット エアバスA321 neo 1/150モデル HP
https://shonai-kuko.com/s_p001/

まめうさジェット


こちら,庄内の知人より送って貰った実際のモデルプレーンの写真です.
saved_file1571535398061.jpg


庄内空港ビルのマスコットキャラクターまめうさのご紹介
https://ja.wikipedia.org/wiki/まめうさ
のんびり屋さんで食いしん坊.生まれは月山.日和山公園の夕陽に染まった体が夕陽色のウサギ・
庄内の観光PRが仕事で,住まいは庄内空港である.大好物はだだちゃ豆で,口元にくっついているのは,
もの知り相棒のだだちゃさん.だだちゃ豆を食べていたまめうさの口元に残った一粒のだだちゃ豆.
まめうさのお腹がなると,いつか食べられるんじゃないかヒヤヒヤしながら,その空腹を紛らわせるため,
庄内の豆知識を教えている.一心同体で2人で1人の珍しいゆるキャラである名前は一般から募集し,
庄内地方を中心に全国各地から323点の応募があり,音の響きや覚えやすさに加え,
だだちゃさんといつも一緒のウサギという特性をとらえた,まめうさが選ばれた.(Wikipediaより)

庄内空港出発待合室内に設置のまめうさのパネル(2017/9/24撮影)
P1140442_2019102014084003c.jpg

尚,本内容の掲載については,庄内空港ビル株式会社様からの掲載許可を得て掲載しております.


コラム執筆はじめました
https://latte.la/column/columnist/129314
いつもご覧頂きありがとうございます.以下のアイコンを宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村




Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

A350-900とA350-1000の最大座席数が同じ440席って知ってました?

2019.10.05 Sat

A350-900とA350-1000の最大座席数が同じ440席って知ってました?

こんばんは,
一寸以前ですが,9/1にJALA350-900(機番:JA01XJ)がライン就航しましたね.
初便は,羽田発福岡行きJAL317便で,満席だったとの事です.
前日にTVを見ていたら,JALのCMでA350が出てきたので,
そういえば,明日かみたいな感じでしたが,
私自身,先日,9/28の空の日のイベントで,クルーズ船から初めてJALA350-900を見る事ができました.

JALハンガー手前に駐機中のA350-900(2019/09/28撮影)
JALハンガー手前に駐機中のA350-900A350の文字がグリーンなので,3号機ですね.
DSC_6960.jpg


参考:初来日したA350の到着を撮影してきました.
http://ja8094.jp/blog-entry-851.html

A350-900,羽田空港への初飛来時の様子(2014/11/19撮影)
・ほぼ真横から見たAIB102便,機体のサイズは777-200位の大きさですね.
DSC_4253.jpg


メディアによると,JALA350-900ですが,
繁忙期は標準の369席から400席に増やして運航する様ですね.
そもそも,A350-900の最大座席数が400席なので,
特段驚く事はないですが,

さて,前置きがながくなりましたが,
JALA350-900に続いて,A350-1000を導入しますが,
A350-1000の最大座席数はA350-900と同じ,440席だという事をご存じでしょうか?
A350-1000の方が,ストレッチしてるから,
そんな事ないでしょって,思う方が多いと思いますが,
以下のエアバスのHPを見ると,A350-1000のMAXシート数(Max seating)が440となっています.
ボーイングで例えると,777-200777-300で最大座席数が同じって事になり,
となると..え!やはり・・なんで?..ってなりますよね.

A350-900のHP案内
https://www.airbus.com/aircraft/passenger-aircraft/a350xwb-family/a350-900.html
a350-900 spec


A350-1000のHP案内
https://www.airbus.com/aircraft/passenger-aircraft/a350xwb-family/a350-1000.html
a350-1000 spec

さらに,もう1点,
国土交通省航空局が,2019/4/11A350-900/1000形式証明を行っていますが,
その資料を見ると,最大乗客数が440名とありますね.

国土交通省航空局 エアバス式 A350-941 及び A350-1041 型に 対する型式証明 より.
http://www.mlit.go.jp/common/001285332.pdf#search=%27jal+a350+%E5%BD%A2%E5%BC%8F%E8%A8%BC%E6%98%8E%27

掲載資料の仕様を見ると,最大乗客数を確認すると,A350-900-1000も最大乗客数は440名ですね.
A350SPEC.png


777-200777-300の違いは,胴体長の違いもありますが,
ドアの数が,777-2008か所ですが,777-30010か所です.
で,A350-900はと言うと,8か所A350-1000も同じ8か所です.
つまり,A350-900A350-1000の最大座席数が同じ440席という理由は,
このドアの数による制限だと言えると思います,

航空機の設計は,満席の状態で90秒以内に全員が方が側のドアから
機外へ避難できる設計を行いますが,いわゆる90秒ルール
この90秒ルールの縛りがあり,A350-1000は,A350-900と同じ最大座席数440席となるを得ないと
う事になりますね.非常口でも追加できそうな感じもしますが,

JAL500席クラスの機種では777-300を運航していますが,
777A350に置き換えるって表明していますが,
国内線500席クラスの機材は,どうするのでしょうね?.
777-300A350-900/1000に置き換えとなると,
座席提供数ANAに対抗できないって事になりますね.
引き続き,777-300使うのかな?
どー考えても,国内線で500席を実現できる機体って,今は777-300しかないですしね.
まさか,,747-8とか,そうなると・・ちょっとうれしいかもですね(笑)

コラム執筆はじめました
http://latte.la/user/129314

いつもご覧頂きありがとうございます.以下のアイコンを宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村


Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

羽田空港空の日のイベント,アンダージェット・クルーズ体験してきました.

2019.09.29 Sun

羽田空港空の日のイベント,アンダージェット・クルーズ体験してきました.

こんばんは.
昨日(9/28)は羽田空港空の日で,様々なイベントが開催されました,
行かれた方も多かったのではと思います.
私も,いつものヒコーキ仲間とイベントに行ってきました.
T2でのANA Team HANEDA orchestraの演奏も久しぶりで生演奏を聞きましたが,
黒山の人だかりで全く奏者が見えずでした,
Another Skyはいつ聞いても落ち着きますね!

その後,夕方からですが,今回のイベントに一つである,
羽田旅客サービス株式会社が企画した.
空の日フェスティバル 羽田空港沖アンダージェット体験クルーズの乗船してきました.
この日は,午後から3便運航されており,私は3便目の乗船で,羽田空港国際線ターミナルに集合後,
羽田空港船着場に移動して,16:50に出発,約1時間のクルーズを楽しみました.
空の日のイベントと言う事もあり,募集後は予約は直ぐに埋まってしまった様です.
各3便とも50名の募集だった様です.
天候は,お昼までは良かったのですが,夕方になるにつれて,
残念ながら,雲が多く,時より雲の切れ間から陽がさすそんな天候でした.

今回のクルーズで撮影した写真をアップしたいと思います.

.当日のパンフレット
www.hps-co.jp/wp/wp-content/uploads/2019/08/パンフレット%E3%80%80空の日クルーズ%EF%BC%88アンダージェットクルーズ%EF%BC%892.pdf

・今回のクルーズで使われたクルーズ船で,名前はシエルブルーです.(linenさん写真提供)
IMG_0319.jpg


・クルーズ船の航跡
航跡

・乗船したクルーズ船から見た玉川の様子.うっすら富士山の姿も見えるのですが,
雲が多いのがわかると思います.
DSC_6836.jpg

・こちら,出向の時の羽田空港船着場とスタッフの様子です.
DSC_6847.jpg

・船上からのモノレールの様子.地下に潜る場所なので,鉄道好きにもいいアングルかもしれませんね.
DSC_6866.jpg

・こちら,船上から撮影した,羽田空港西側整備地区の様子.一番右側がANAのハンガーです.
DSC_6905.jpg

・羽田空港の駐機中のANA機の様子.機材は両機とも787ですね.真ん中にSFJA320の尾翼も見えますね.
DSC_6922.jpg

・羽田空港RWY16Rを離陸する,香港行きのCPA549便 機種:777-300ER,機番:B-KPNです.
DSC_6945.jpg

・こちら,JALハンガー手前に駐機中のA350-900A350の文字がグリーンなので,2号機ですね.
DSC_6960.jpg

・玉川下流から撮影した羽田空港の全景.
DSC_6976.jpg


・こちらA滑走路(RWY34L)の灯火橋です.よく見ると,水平ではないのがわかると思います.
DSC_7014.jpg

・RWY16Lから離陸するANA787-8.鹿児島行ANA627便JA817A)です.
DSC_7081.jpg

・離陸上昇中のANA627便787-8JA817A
DSC_7087.jpg

・離陸上昇中のANA627便787-8JA817A)丁度真上を通過します.
DSC_7094.jpg

・A滑走路横断待ちのANA777-300ER,機番不明の様子.かなりの時間RWY16Rからの離陸機で待機していました.
DSC_7107.jpg

ANA機体メンテナンスセンター手前に駐機中の737-700,機番:JA03ANの様子
DSC_7111.jpg

・こちらD滑走路の橋脚部の様子.よく見ると,警戒船も見えますね.
DSC_7127.jpg

D滑走路の橋脚部より,埋め立て地側を撮影してみました.
DSC_7143.jpg

D滑走路RWY23)へ着陸するANA737-800
DSC_7188.jpg


RWY16Rから離陸するANA737-800,機番不明.
DSC_7210.jpg

RWY16Lから離陸するANA787-9JA830A)福岡行きANA265便です.
DSC_7213.jpg

RWY16Rから離陸する,シンガポール行きのSQ633便,機種:A350-900,機番:9V-SMG
DSC_7277.jpg

・離陸上昇中のSQ633便A350-900
DSC_7290.jpg

RWY16Rを離陸上昇するANA777-200,機番:JA705A,大阪行きANA035便です.
DSC_7325.jpg

・着陸後国際線ターミナルへ向けタキシング中のANA787-9JA885A).ホノルルからのANA135便です.
DSC_7369.jpg

・モノレールの羽田空港国際線ターミナル駅と入線するモノレールの様子.
DSC_7378.jpg

・寄港へ向かう船上のクルーズ参加者の様子.皆さん,夕日が綺麗で撮影されている方が多かったです.
DSC_7381.jpg

尚,今回は空の日イベントとの事でしたが,
本クルーズは,不定期ですが,開催されている様です.
今度は北風時のRWY34R/L着陸時に見てみたいものですね.

コラム執筆はじめました
http://latte.la/user/129314
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

羽田のRWY16L/Rの進入降下角が3.5度になる様ですね.

2019.09.12 Thu

羽田のRWY16L/Rの進入降下角が3.5度になる様ですね.


こんばんは.
来年春から,運用される,羽田空港への新飛行ルートで,
北側から(RWY16L/R)のアプローチの進入降下角3.5度になるそうで,
いろいろと物議をかもしている様ですね.

世界中のほとんどの空港では,進入降下角3度で,
一部,イギリスのヒースロー国際空港,ドイツのフランクフルト国際空港
アメリカではサンディエゴ国際空港.国内では,稚内空港広島空港で,
気象条件により,3.5度での運用が行われている様ですが,
羽田空港でしかも,都心上空を飛行して進入する角度が,3.5度はちょっと驚きました.

理由は様々あると思いますが,まあ,都市部ではなるべく高い高度で飛行させ,
地上への騒音を配慮した騒音対策だと思いますが,
3.5度に引き上げられた場合の高度ですが,各ポイントでの高度ですが,
練馬上空から進入角度3.5度でほぼ一直線に降下しRWY16L/Rにアプローチ,
新宿上空で高度約1037メートル渋谷・麻布で約701メートル大井町で約335メートルだそうです.
で,騒音について,軽減されるかと言うと,3度の進入と3.5度の進入では,
わずか1db程度の差しかないと事です.
この3.5度への引き上げが,現場のパイロットの意見が,反映されたかと言うと,
実はそうでもなく,CABが,現場の声を聴かず決めた様ですね.
なら,羽田と同じ様な環境にある,伊丹空港福岡空港はと言うと,3度のままですしね.
何か羽田だけ特別扱いされてる気がしますね.勿論.航空路に当たる場所にお住まいの住民の方の
意見もあるとは思いますが・・.


国土交通省 羽田空港機能強化に向けた追加対策(2019/08/08 報道資料より)
http://www.mlit.go.jp/common/001302403.pdf
CAB35RJTT.png



問題となるのは,3.5度での進入の危険性だと思います.
3度から3.5度わずか0.5度の角度ですが,パイロットの目線からすると急降下に近いそうでうね.
当然,3.5度の進入着陸の経験をもつパイロットも少ないと思うし,
着陸のタイミングや,フレアーのかけ方,着陸直前,直後のフォローなど負担が大きくなるはずです.
いくら精密計器進入によるサポートがあるにせよ,最後はパイロットの技量の問題と言えるので,
正直3.5度での運用は..どうかな..と思います.

思うに.3度から3.5度になると,進入降下角が上がる,速度が増すので,今までより早めにギアを出す,
揚力を保つ為フラップの下げ角が早めに大きなる,速度が落ちる,エンジン出力が上がる,
よって騒音がより大きくなる,,のではないかなと?.

先ずは,CAB小型検査機での検査ではなく,
実際に飛行する大型機を使い検証する,その結果を公開する事,
これが肝要だと思いますし,
周りの理解も得られると思います.従来の様な閉鎖的な決め方では,
不信感が増すばかりですね.


コラム執筆はじめました
http://latte.la/user/129314
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.

にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0)

PageTop↑

 | HOME |  Next Page »

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)