787のサバが通常塗装に変わる様ですね.

2017.02.27 Mon

787のサバが通常塗装に変わる様ですね.

こんばんは,久しぶりのレポートです.
787サバ・・と聞いてピン!!と来る方も多いでしょうね.
ANA787-8初号機2号機にペイントされた特別塗装ですが,
この特別塗装,通称サバとか呼ばれたりしています.
何処と無く・・青魚のイメージが湧きませんか??.

787-82011/9/25に世界で始めてANAに導入されて今年で6年になりますが,
その記念すべき初号機JA801Aです.
そのJA801Aが全面リペイントを行い,通常のANAカラーに戻されるとの事です.
リペイントですが,伊丹空港に併設のMROジャパンの格納庫で2/15から作業が行われており,
作業は約2週間の工程との事です.3月の初旬にはリペイントされた姿が見れそうですね.

さて,この787-8初号機と2号機特別塗装コンセプトご存知でしょうか?.
先ずノーズ部分の787の文字ですが,787が世界で初飛行することを訴求するデザインされ,
機体胴体後半の藍色に交差するラインは,”ANAのネットワーク”,
ANAのプロダクトサービスブランド”を表現しており,
これは,ANAプロダクトサービスブランドの”Inspiration of Japan”の3つのキーワードである,
イノベーティブ際立つ個性モダンジャパンを示しています.

2011年の導入当初は,初号機2号機とも国内線へ投入されていた事もあり,
羽田空港で頻繁に見かける機会も多く,初号機2号機を1フレームへ撮影するって事を
やっていた記憶が蘇ります.その時の1枚をアップします.
また,個人的には,初号機のライン就航前受け入れ整備を見れた事はいい経験でした.

2012/8 羽田空港T2スポットでの一コマ(手前JA801A&奥JA802A)2012/4/18撮影
DSC_6358.jpg


記念すべき787-8初号機JA801A就航前整備の様子
(撮影:2011/10/05 ANA機体メンテナンスセンター ANA掲載許可済)



その後,近距離国際線へ転進した事,3号機以降の787の導入が短期間に行われた事もあり,
余り,羽田空港で見かける事は少なくなりましたが,たまに見かけるとやはりカメラを向けてしまいますね.
インパクトのある特別塗装で,好き嫌いが大きく分かれる塗装だと思いますが,
その特別塗装を見れなくなるのはやはり寂しいですね.


コラム執筆はじめました
https://latte.la/column/columnist/129314/columns
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村


Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

ANA成田-メキシコ線が2/15新規開設へ.

2017.02.15 Wed


ANAメキシコ線が2/15新規開設へ.

こんばんは.
皆さんもご存知だと思いますが,
今日2/15から,ANA新路線として.成田-メキシコ線が開設されましたね.
既に,アエロメキシコ787-8成田-メキシコを運航していいますが,
国内エアラインで,成田ーメコシコの直行便による運航はANAが初となります.
以前はJALが,成田-バンクーバー経由メキシコまで飛ばしていましたが,現在は撤退しています.

使用機材ですが,787-8で,通常のRR-トレント1000エンジンを改良したトレント1000-Lと呼ばれる
エンジンを搭載するとの事です.このエンジンは787-8ではなく,787-9用のエンジンを改良したエンジンの様ですね.
改修されたエンジンを搭載する機材ですが,JA820AJA823AJA827AJA828Aの4機で,
特にメキシコ線のみの就航と言う訳では無い様ですが,この4機で成田ーメキシコ線を運航する様です.

さて,メキシコ行の初便ですが,787-8の機番はJA820Aの様です.
便名はANA180便で,成田空港の51番スポットを16:42に出発,
離陸は成田空港RWY34Lから離陸の様ですね.
Flightradar24でみると.まさに太平洋を横断と言った感じの飛行ですね.
飛行時間は14時間との事です.

Flightradar24より
https://www.flightradar24.com/data/flights/nh180/#c7746ec
ana810 nrt-mex


トレント1000-L特徴としては,メキシコシティ空港など,海抜(高度)の高い空港でも離陸に適した
チューニングを行われているとの事です.
通常海抜が高いと温度が低くなるので,空気密度は濃くなりますが,メキシコの場合,
海抜が高く,更に気温も高い空港なので,空気密度は薄く,離陸時に滑走距離が長くなる為.
乗客や荷物と言ったペイロードの制限を受けますが,今回のトレント1000-Lについては,
寒い時期であれば,満席でも離陸可能との事です.
これは,軽量化された787で実現できると言った感じですね.
ちなみにメキシコシティー空港ベニート・フアレス国際空港)ですが,海抜7,316ft2,230m)で,
富士山5合目位の海抜との事です.

メキシコは国内の自動車メーカーの工場も多く,また,中南米へのハブ空港的な存在でもあるので.
日本からの渡航者も多そうですね.



コラム執筆はじめました
https://latte.la/column/columnist/129314/columns
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村


Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

 | HOME | 

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)