キャセイの747,10/1の羽田発CX543便でラストフライト・・.

2016.09.30 Fri

キャセイの747,10/1の羽田発CX543便でラストフライト・・.

こんばんは.
羽田に就航しているキャセイパシフィック航空-400が,
10/1にラストフライトを迎える様ですね.
キャセイ-400ですが,現在は3機で,羽田成田台北香港を結ぶ路線に投入しているとの事です.
キャセイでは,羽田からの747ラストフライトのイベントとして,
FBを利用したキャンペーンを開催するとの事です,FBのシェアで応募者の中から抽選と審査で選ばれた10人を,
10/1の朝に開かれる機体見学会に招待するとの事です.
また,退役記念として747退役記念の香港へのパッケージツアーが,開催される様ですね.
羽田からのラストフライトですが,CX543便で,10/1羽田を10:35発との事です.
明日のラストフライトの使用予定スポットは142番スポットとの予定で,新設されたターミナル北側のゲートなので,
残念ながら国際線の展望デッキから駐機するその勇士を見る事は一寸無理そうですね.

キャセイパシフィック航空プレスリリースより
http://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/about-us/press-room/press-release/2016/cathay-pacific-jumbo-retire-august-2016.html

この姿を見る事はもうできなくなるのですね・・




羽田で見れる747がまた1社減ってしまいますね.
エールフランスに続き,キャセイでも747の退役となりましたね.
でも,そんな中,英国航空では18機747の内装をリニューアルしたそうです.
こちらは,まだまだ現役ですが,是非日本路線にも就航して貰いたいですね.


コラム執筆はじめました
https://latte.la/column/columnist/129314/columns
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

MRJがモーゼスレーク到着.

2016.09.29 Thu


MRJがモーゼスレーク到着.

こんばんは,
先日アメリカでの試験飛行の為,県営名古屋空港を離陸したMRJ(機番:JA21MJ)ですが,
新千歳空港カムチャッカアンカレッジを経由して,
日本時間の9/29の09:44に最終目的地であるワシントン州グラント郡モーゼスレークに到着したとの事です.
2回空調関係のトラブルで引き返した経緯がありますが,無事到着できてよかったですね.

モーゼスレークと聞いて・・懐かしい!・・と思われる,特にJALファンの方は多いのではないでしょうか?
かって,JAL747訓練所が約40年間置かれたいた場所なので,
モーゼスレークと聞いてピン!と来た方も多いでしょうね.

モーゼスレークですが,正式にはグラントカウンティ国際空港で,
ワシントン州の州都シアトルから内陸へ約3時間の距離にあります.
晴天率9割以上と飛行に適した条件であり,
アメリカ空軍ボーイング社の試験用の施設としても使用される様です.
三菱航空機としては,国土交通省航空局型式証明を取得するのに1,500時間を見積もっており,
年内にも,5機ある試験機のうち4機モーゼスレーク入りさせる予定との事です.

尚,先日ロールアウトした.飛行試験5号機,ANAカラーMRJJA25MJ)ですが,
来年早々に初飛行を行い,こちらは国内での試験となるとの事です.
もしかすると,ANA就航前に各地の空港で見られる可能性もあるかもしれませんね.

先ずは・・MRJ・・各種試験・検査をクリアし,
2018年のANAHDへの予定通りの引渡しを期待しましょう


コラム執筆はじめました
https://latte.la/column/columnist/129314/columns
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

成田空港の門限が伸びそうですね.で・・新滑走路は変な配置??!!..

2016.09.28 Wed

成田空港の門限が伸びそうですね.で・・新滑走路は変な配置??!!..

こんばんは.
報道発表されていますが,成田空港の発着時間が3時間延長される様ですね.
国土交通省,千葉県,成田市を含む空港9市町村と,成田空港会社NAA)による
4者協議会が9/27開催され,現在の06:00~23:00までの運用を,
05:00~01:00までの3時間延長する事で検討を進める事合意したそうです.

また,第3の滑走路の建設と現在のB滑走路(RWY16/R34L)の北側へ1000m延長(RWY16側)の検討についても,
合意に至ったとの事です.
で,記事をみて驚いたのですが・・.
第三の滑走路ですが,滑走路長は3,500mで,建設予定場所ですが,現在のB滑走路から
真南に3,325m離し更に東方向に420m離した地点を新滑走路の北側エンドとする案です.
空港の滑走路の理想配置は井桁配置と言われていますが,建設当初の横風用のB滑走路を整備するのが
有効と思ったのですが,NAAによると,横風を含む強風などで他空港へダイバート(代替着陸)した便の比率が,
過去10年間で0.03%と極めて少ないことから計画を撤回しエプロンなどの施設整備に充てるとの事です.

新滑走路の位置ですが,報道資料を参考に地図上に描いてみました.
イメージですが・・こんな感じです.
rjaa新滑走路

で,新滑走路の位置ををみて・・着陸復航Go-around)できるの??.
と思った方もいらっしゃると思います.実は私もそうでした.
以下の資料が公開されていますが,B滑走路新滑走路の距離が3,325m離れている事から,
着陸復航には影響ない滑走路配置との事です.以下の公開資料3ページをご覧ください.
新滑走路配置の正確な位置は資料5ページに掲載されています.

2016年9月27日四者協議会資料.(成田空港HPより
http://www.narita-kinoukyouka.jp/news/backnumber/160927_01/pdf/160927_02.pdf



コラム執筆はじめました
https://latte.la/column/columnist/129314/columns
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

Category: 未分類

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

航空機トラブル,報道について思う事.

2016.09.26 Mon

航空機トラブル,報道について思う事.

こんばんは.
先日(9/25)成田発台北行きANA823便(機種:767-300,機番:JA616A)が成田空港離陸後
約10分後の左エンジンが停止し,エアターンバックし18:24に成田空港へ緊急着陸したとの事です.

この記事を読んで思ったのが,
確かに目的到着できず引き返した事は記事になるとは思いますが,
オペレーションとしては緊急時の対応に沿ったオペレーションなので,
文字色その旨の記述も併記して貰いたいなと思いました.

JA616Aですが,ETOPS取得機ETOSP180かな?)でもあり,
エンジン一発停止の方肺でも飛行できる時間は長いでので,
当然,機内アナウンスでも,飛行に問題は無い旨のアナウンスが流されたと思いますが,
ですが,単に報道された記事をみた第三者からすれば,
冷や汗ものだったろうな・・とか,エンジン停止って怖い,
空の旅は怖いと言ったコメントが出ると思うのは当然ですが,
航空に知識がある人なら,全く正常なオペレーションだったねと認識するはずですが,
JTSBJapan Transport Safety Board 運輸安全委員会)でも,エンジン1発停止と言うトラブルで,
調査官を派遣し調査する訳ではありませんしんね,
でも,やはり報道されると.・・一般の方とはギャップがあるんでしょうね..
これは,決して飛行機と言うインフラに限った事ではないですが,
報道ももう少し,飛行機性能(安全性)をアピールして貰いたいですね.
また,運用側も,なかなかそういう安全に関するPR機会が少ないと思うので,
もっと利用者にも啓蒙して貰いたいですね.

2016/9/25 ANA823便の航跡(flightradar24より).
https://www.flightradar24.com/data/flights/nh823/#b1ca1c7ana823 216-09-25


コラム執筆はじめました
https://latte.la/column/columnist/129314/columns
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

久しぶりに787-9初号機を発見.

2016.09.21 Wed

久しぶりに787-9初号機を発見.

こんばんは.
先日,羽田空港で,787-9初号機を久しぶりに発見しましたので,
この787-9初号機ですが,機番はJA830A
2年前の2014/08/08に787-9世界初の有償飛行としてデビュー機材で,
私もこの日,羽田発伊丹行ANA25便,折り返しの伊丹発羽田行ANA30便に搭乗しました.
自分が搭乗した事のある機番を見ると何か嬉しいものですね.
さて,撮影した9/18の便名を調べてみたら,羽田発沖縄行きのANA471便でした.
写真をアップします.


・61番スポットからプッシュバック中のJA830A


・機体のIOJタグInspiration of JAPAN)の横には,TOMODACHIのマーキングが
P1090131.jpg


続いては・・JA830Aのテールを撮影・・勿論目的があります・・
下の写真をご覧ください.
テールの黄色いアンテナ状の物体ご存じでしょうか?
ちなみに・・・アンテナではありません.
この黄色い物体ですが,テールストライク・モジュールと言います.
767-300777-300尻餅防止用テールスキッドが装着されているのは皆さんご存じだと思います.
しかし,787-8787-9にはテールスキッドが装着されていません.
従来のテールスキッドは胴体保護が目的ですが,このテールストライク・モジュール
テールスキッドと若干機能的に異なるものなのです.
胴体下部にブレード上の突起(黄色いアンテナ状)が突き出しており,
この内部に電線がとおっており,仮に地面(滑走路)に接触した場合,
このブレードが破壊され電線が切れ,コクピットに警報を出す仕組みとなっています.
これをB787では,テールストライク・プロテクションシステムと呼びます.
従って従来のテールスキッドの様な強度はありません.
なかなか意識してみないとターミナル展望台からは見えないのですが,
タキシングの際撮影する事ができました.
テールストライク・モジュールの詳細ですが,以前このブログで紹介しておりますので,
宜しかったらアクセスしてみてください.

B787-8には,テールスキッドはないが,テールストライク・モジュールと呼ばれるシステムが装備されている.
http://ja8094.jp/blog-entry-322.html


JA830Aのテールを撮影,黄色いアンテナ状の物はテールストライク・モジュール
P1090152.jpg



コラム執筆はじめました
https://latte.la/column/columnist/129314/columns
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

Category: 未分類

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

ANAの新フライトオペレーションってご存知でしょうか?

2016.09.20 Tue

ANAの新フライトオペレーションってご存知でしょうか?

こんばんは.
今日9/20は,空の日ですね.
海の日,山の日は祝日になっていますが,
空の日も祝日にならなあいかな・・と思っているのは私だけでしょうか?
さて,空の日のレポートどんな内容にしようかと思ったのですが,
すこし,小難しい内容にしました(笑)
ANAがすすめている新フライトオペレーションってご存知でしょうか?.

以前(2015/10/07),このブログでご紹介した,”飛行間点検で・・整備士が居なくなる?!
http://ja8094.jp/blog-entry-987.html
の内容で,国内各社で,飛行と飛行の間に行う,飛行間点検での整備士の対応についてご紹介しましたが,
ANAの対応については,各航空機の持つ性能や整備プログラムなどを鑑みながら,
安全を確保できる最適な体制を整えている.
適切な運航体制に適応していくための社内議論を進めているとの事とご紹介しましたが,
このレポートをご覧頂いた,Koenig117さんよりコメントを頂きました.
ANAで飛行観点検で整備士を配置しない運用を開始したとのコメントでした.

そこで,私も色々調べてみたのですが,
整備連絡会ホームページ”,http://seibirenjfau-jp.webnode.jp/に,
新フライトオペレーションの説明と状況が公開されていましたので,
その内容をご紹介します.端折って書いているので,
詳細の経緯・状況等は,是非.”整備連絡会ホームページ”を参照下さい.

先ず.ANAが進めている,整備士を必要としないフライトオペレーションですが,
新フライトオペレーション新FO:以下新FOと略)と呼ばれ,
”航空機の便間インターバル(飛行間)において,機材不具合による整備作業が発生しない場合には.
機側整備士を配置しない体制
の事”をさすとANAは説明しています.
大元の考えは,現状の航空法では整備士に配備は義務でなく,航空会社の裁量により行われている事.
また,航空機の性能向上により,整備士による点検が機体メーカーマニュアルで求められていない事の
2点が大きな要素の様です.

ANA新FOですが,
先ず,トライアルとしてのSTEP1が,既に2016/1/17から開始されており,
2016/9からは,整備士を飛行間に配置しないという事が行われ様としているとの事で,
この新FO体勢では,ANAグループが保有する全機種は,外周検査を必要としない型式であるとして,
不具合がない場合は整備士を機側に配置しない運用となりますが,ETOPS Flight
777国際線767国際線,不具合のある機体は,新FOでも整備士による飛行間点検を行うとの事です.
ETOPSをさしているので,787については対象となりそうですね.その他,国内線でも,
ETOPSを有している767777も対象になるのではないかと考えます,

この新FOへの,運航乗務員の反応ですが厳しく,アンケート調査の回答で整備士による外部点検が必要と
考えているとの回答は9割以上
,また,トライアルのSTEP1での不具合として整備士のモチベーション低下
コミュニケーション不足が感じられる,安全意識運航品質の低下が強く懸念されるとのアンケート回答が,
全日空乗員組合で行われたアンケート調査で分かったそうです.
特に,外部点検を行う機長は,専門家である整備士の目で行っていた点検がなくなるため、
自らの機体の外観点検で,で運航できるかどうかの判断をしなければななくなるので,
負担も大きくなるのではないでしょうか?.

新FOですが,実際の現場視点では.会社(ANA)の方針に相反する結果になっていますね.
乗客として利用する側からも,整備士が飛行前に点検してくれるのは,
安心・安堵に繋がりますよね.特に航空の世界は安全は第一条件ですし,
企業イメージとしても良くなると思います.また,整備士のスキル向上と言う効果もあると思うので,
このANA新FOには納得できないですね.
で,実際に現時点で新FOが全面的に行われているか・・実はよくわからないのですが,
先日,羽田空港でたまたま撮影したエプロンの写真を見ると.
新FOの通り,ESOPSを有する787-9では,整備士が確認できたのですが,
国内線の767-300では,整備士の姿が確認できませんでした.
今度行った時は,もっと注意深く観察してみたいと考えています.

プッシュバック中の787-9JA830A).写真中央より少し下の水色のつなぎ服を着た
整備士が確認できますね.(2016/9/18撮影)
P1090128.jpg

スポットインした767-300JA8677).こちら,新FOでは,飛行間点検で整備士が点検を行わない767-300ですが,
確かに・・整備士の姿は見られませんね.(2016/9/18撮影)
P1090162.jpg


コラム執筆はじめました
https://latte.la/column/columnist/129314/columns
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0)

PageTop↑

遅ればせながら.ブログ開設4年を迎えました.

2016.09.16 Fri



遅ればせながら.ブログ開設4年を迎えました.

こんばんは.
ブログの管理者である私自身忘れていたのですが・・(汗).
そういえば,去年も親しい知人に言われて気が付きましたが,
今年も同じでした.T.Y.さん,いつもありがとうございます!.

このブログ2012年9月7日に開設して,
先週の7日で,丸4年を迎える事が出来ました.
これも,ご覧頂いている皆様のおかげと感謝しております.
最近一寸更新頻度が落ちていますが,
これからもレアな,ためになる情報を発信していきたいと考えております.
引き続き・・どうぞ宜しくお願い致します.

また,近々にコラムもアップする予定でおります.
ブログともどもコラムの方も宜しくお願い致します.




コラム執筆はじめました
https://latte.la/column/columnist/129314/columns
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

Category: 重要なお知らせ.

Edit | Permanent Link | Comment(4) | Trackback(0)

PageTop↑

ムンバイ発成田行きの787-8が那覇空港へ着陸.

2016.09.05 Mon


ムンバイ発成田行きの787-8が那覇空港へ着陸.

こんばんは.
9/4のムンバイ発成田行きANA830便で,防氷装置の不具合により
行先を成田空港から那覇空港に変更して着陸したとの事です.
ANA830便ですが,機材は787-8で,機番はJA820Aです.
那覇空港への着陸は9/4の07:50との事です.

ANA830便の航跡(fightradar24より)
https://www.flightradar24.com/data/flights/nh830/#ae315e1

fightradar24ANA830便の航跡をみると,
東シナ海上空で南下して那覇空港へ向かっていますね.
距離的に,那覇空港より九州の空港,鹿児島長崎福岡などの空港が近そうですが,
九州内の空港は,運用開始前の時間なので,
24時間運用那覇空港ダイバード先に選んだのかもしれませんね.

ANA830便の航跡(fightradar24より)
https://www.flightradar24.com/data/flights/nh830/#ae315e1
2016-9-4 ana830


コラム執筆はじめました
http://latte.la/user/129314
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

日本発KLMの747-400がラストフライト

2016.09.04 Sun


日本発KLMの747-400がラストフライト

こんばんは.
今日(9/3)はこのブログでも紹介しましたが,
KLMオランダ航空747-400便ラストフライトを迎えました.
成田空港でご覧になった方も多いのではと思います.
私は残念ながら,見れる機会を逸してしましましたが・・

日本へのラストフライトとなった機材ですが,747-400M,機番:PH-BFEで,
成田へは,KLM861便として08:40に成田空港に到着,到着スポットは14番.
日本からのラストフライト便ですが,KLM862便で,出発は定刻10:40に対し,
10:20に到着スポットと同じ14番からの出発となりました.

尚,メディアの情報によりますと,747-400便ラストフライトKLM862便の機長は
アムステルダム-成田線直行初便747の航空機関士だった人物が務めるとの事です

日本へのラストフライトKLM861便の航跡,(flightradar24より)
https://www.flightradar24.com/data/flights/kl861/#adff1f2
2016-9-3 klm861


成田空港離陸後アムステルダムへ飛行中のKLM862便flightradar24より)
klm862 dep


日本からの747-400便ラストフライトKLM862便の航跡(flightradar24より)
https://www.flightradar24.com/data/flights/kl862/#ae1b79a
2016-9-3 klm862


コラム執筆はじめました
http://latte.la/user/129314
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

Category: 未分類

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

KLMの747日本路線より消滅へ・・

2016.09.01 Thu

KLMの747日本路線より消滅へ・・

こんばんは.
残念なニュースですが.
KLMオランダ航空747-400の日本路線への投入を9/3で終了の様ですね.
日本からの最終となる747-400便ですが,成田発アムステルダム行きKLM862便
アムステルダムから成田へはKLM861便で,成田着は9/3の08:40(定刻)との事です.

KLM747-400が退役する訳ではないですが,
日本でKLM747-400を見れなくなるのは残念な事ですね.
KLM成田ーアムステルダム線に投入されている747-400ですが,
通常の747-400ではなく,747-400M(Combi)でビジネス35席,
エコノミー233席の268席で,貨物35トンを搭載可能との事です.
その特徴は・・キャビン後方を貨物室に改造して荷物搭載量が増加している点で,
KLMでは,現在16機を運航している様ですね.
尚,747-400MローンチカスタマーKLMです.


コラム執筆はじめました
http://latte.la/user/129314
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

Category: 未分類

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

 | HOME | 

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)