週末から広島空港が通常運用に戻れそうです.

2015.09.17 Thu

週末から広島空港が通常運用に戻れそうです.

こんばんは.
広島空港ですが,4/14のアシアナ航空機OZ162便A320,登録番号HL7762)による,
着陸時の航空事故により計器着陸装置(ILS)が破損,
2日後の4/16まで滑走路が閉鎖され,4/17より暫定再開,
ILSは5/5からRVR(滑走路視距離)が550m以下のカテゴリーI(CAT I)で運用されていましたが,
事故発生前と同じ,カテゴリーIIIB(CAT IIIB)の設置が終わり,飛行検査を終了,
9/19の07:30から,運用を開始するとの事です.

カテゴリーIIIB(CAT IIIB)の再開によりRVRはCATIの550m以上から,
100m以上に大きく緩和され,就航率の向上が期待されます.
CABによると,8月下旬に新しいアンテナ機材を設置し,8/27と28にフライトチェックを実施し問題がなかったため,
29日からは新しいアンテナでの運用を開始したが,カテゴリーはCAT Iに据え置いたとの事.
9/15日からはRVRが,200メートル以上の「カテゴリーIIIA(CAT IIIA)」に切り替え,
新しいアンテナの運用評価時間は500時間で,問題がなければ19日からCAT IIIBに戻すとの事です.

ちなみに・・広島空港と同じCAT IIIbを有する国内空港は,
北から,釧路空港(RWY17),新千歳空港 (RWY19R),青森空港(RWY24)
成田国際空港(RWY16R),中部国際空港(RWY36),広島空港(RWY10)
熊本空港(RWY07)の7空港です.

また,ILSのカテゴリーの決心高 (DH),滑走路視距離 (RVR)の仕様は以下の通りです.

カテゴリーI (CAT I),DH:200ft以上 ,RVR:550m (1800ft) 以上または視程800m以上
カテゴリーII (CAT II),DH:100ft以上200ft未満 ,RVR:350m (1200ft) 以上
カテゴリーIIIA (CAT IIIA),DH:100ft未満または設定なし, RVR:200m (700ft) 以上
カテゴリーIIIB (CAT IIIB),50ft未満または設定なし,RVR: 50m (150ft) 以上、200m (700ft) 未満

広島空港ですが,ILS設備の使用不可,また仮復旧ではカテゴリーレベルが低くなった関係で,
事故前と同じ条件でも就航できない状態が長く続いたと思います.
気象条件が悪いと,出発前の天候調整,出発しても条件付きでダイバード等の悪影響もありましたが,
ILS CAT IIIBの運用再開により就航率も回復しそうですね.
それに伴い旅客数の回復も期待したいですね.
新幹線には負けて欲しくないですね!.




コラム執筆はじめました
http://latte.la/user/129314
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

関連記事

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)