羽田空港に新たな747-400が乗り入れです.

2015.08.11 Tue

羽田空港に新たな747-400が乗り入れです.

こんばんは.
既にニュース等で報道されていますが,
8/1より,新たな747-400羽田空港に乗り入れします.
そのエアラインですがオーストラリアのカンタス航空Qantas AirwaysQFQFA)です.

カンタス航空ですが,成田ーシドニー間で747-400による運航を行ってきましたが,
7/31のQF22便を最後に翌8/1からは,羽田発着になっています.
シドニーからの最後747-400便となるQF21便は,7/31の06:03にT2の63番スポットへインし,
折り返し,成田からの最後のシドニー行747-400便となるQF22は,82番スポットから,20:30に出発したとの事です.

で,なんと・・このVH-OEFよく~く調べてみたら,747-400じゃなくて,747-400ERですね.
成田からの最後747便となったVH-OEIも同じく747-400ERですね.
で,この747-400ERですが,日本国内線専用747-400である747-400D同じ位い貴重な機体で生産機数は747-400Dを下回るわずか6機,しかも発注したエアラインカンタス航空のみと言った機材です.
外見はWingletもあるので,747-400と全く同じですが,最大離陸重量の引き上げや,コクピットのコンソール類のLCDパネル化等改良がなされています.カンタス航空ですが,BA英国航空)と同じく,イギリス連邦系および旧イギリス連邦系の航空会社なので,747の搭載エンジンはロールス・ロイス社製RB211-524を装備が多いのですが,この,VH-OEF747-400ERの為,GE製のエンジンGE CF6-80C2B5Fを搭載しています.

翌8/1ですが,シドニーから羽田への747-400便初便となるQF25便は機番:VH-OEFで,羽田空港のRWY23(D滑走路)に着陸,定刻より13分早い05:17に到着したとの事です.
折り返しシドニー行きのQF26147番スポットから,定刻の22:00より2分早い,21:58に出発RWY16L(C滑走路)から離陸し現地シドニーへの到着は現地時間2日の08:21到着との事です.

一方成田からの豪州路線ですが,8/1からは,成田ーシドニーから,成田ーブリスベーン線へ変更となり,これに伴い,機材は747-400からA330-300となります.日本から豪州へのカンタス航空のダイヤは以下の通りとなります.

運航スケジュール
羽田-シドニー線(機材:747-400
QF25便: シドニー(20:40)→ 羽田(翌日05:30)
QF26便: 羽田(22:00)→ シドニー(翌日08:30)

成田-ブリスベン線(機材:A330-300
QF61便: ブリスベン(11:00)→ 成田(19:15)
QF62便: 成田(20:55)→ ブリスベン(翌日07:00)

羽田ーシドニー便の運航スケジュールを見ると,
QF25便の到着からQF26便の出発まではかなり時間がある事がわかりますね.
羽田空港での撮影の機会も恵まれるのではないかと思います.

さて,本来なら新たな747-400747-400ER)の羽田就航と言う事で,
747ファンの私としては撮影に行きたかったのですが,
生憎私用がありまして,今回断念するを得ませんでしたが,
私の知人である8096さんが,QF成田線最後747-400747-400羽田到着を撮影されていたとの事で,
今回写真を頂きましたので,ご紹介したいと思います.
8096さん羽田空港での徹夜お疲れ様でした.この場を借りてお礼申し上げます・・.

・先ずは,QF21便としてシドニーから到着したVH-OEIです.撮影は航空科学博物館から撮影した写真で,
 駐機スポットは.805番スポットと思われます. VH-OEIに目が行く前に.
 NCA747-8F747-400Fの2機に目が行ってしまいました.


・7/31の成田空港T1北側展望デッキから撮影した82番スポット駐機中のQF22便VH-OEI).
 747-400の特徴であるWingletがはっきり確認できますね.
 主翼先端がWingletにかけて少し下に緩いカーブを描いているのが判りますね.Wingletの重量による影響からです.
さて,このWingletですが,1つどの位の重量がわかりますか?答えは・・私が以前アップした記事を参照下さい.
B747-400のウイングレットの重量は?
http://ja8094.jp/blog-entry-747.html
image0-1.jpg

・82番スポットよりプッシュバックするQF22便747便として成田から最後のフライトとなります.
image0-2.jpg

・こちらはプッシュバックを終え,離陸滑走路にタキシングを開始したQF22便
 82番スポットからプッシュバックごE3-TWYをタキシング中の様子です.
image0-4.jpg

image0-5.jpg

・続いて,翌日8/1の羽田空港での写真となります.シドニーからQF25便として到着し,
 羽田空港国際線ターミナル前のP-TWYを到着スポットに向かいタキシングするQF25便VH-OEF
image2.jpg

・羽田空港管制塔をバックに,P-TWYを到着スポットに向かいタキシングするQF25便
image3.jpg

・引き続きP-TWYを到着スポットに向かいタキシングするQF25便
image5.jpg

QF25便ですが,機番はVH-OEFで,OneWorldの特別塗装機ですね.
 QFBAと同じく,イギリス連邦系および旧イギリス連邦系の航空会社なので,エンジンはロールス・ロイス社製
 のRB211-524を装備が多いのですが,このCH-OEF747-400ERなので,エンジンはRRではなく,
GEエンジンなのがわかりますね.R2ドアの右側一番前の窓の下に灯りが見えますが,
 この灯りは,翼に降雪や着氷がある場合を示す翼の上のマーキングを照らす灯りです.
 正式には主翼着氷監視灯と言います.
image4.jpg

・折り返し,羽田発シドニー行となるQF26便となる.VH-OEFですが,夜の出発なので,
 暫く駐機スポットでストアの様です.905番スポット辺りでストアと思われます.
 手前のLH747-8ICですが,レトロ塗装D-ABYTですね.
image6.jpg
 

最近は何処の国のフラッグキャリアでも777-300ERに押され気味の747-400ですが,
QFの様に.新たに747-400日本路線に投入してくれるのは,とても喜ばしい事ですね.



コラム執筆はじめました
http://latte.la/user/129314
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村




関連記事

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)