2020年の東京五輪までにはバイオ燃料で商業飛行可能か!?.

2015.07.07 Tue

2020年の東京五輪までにはバイオ燃料で商業飛行可能か!?.

こんばんは.
日経新聞の(7/2)の記事の紹介です.
先日,2020年の東京五輪のオフィシャルエアラインANAJALの2社が選ばれましたね.
日経新聞によると,政府は,藻類や木くずをもとにした航空機向けのバイオ燃料を2020年の東京五輪までに,
商標飛行で使える様にするとの事です.

政府は,7月にANAJALの航空2社,IHI,石油元売りの業界団体などと協議会を設立し,
燃料の生産・供給方法を官民で整えるとの事.石油系燃料から置き換える事で,
燃料源の多様化や二酸化炭素排出量の削減につなげる.

バイオ燃料ですが,トウモロコシや木くず,藻などの植物を主原料としており,
実際の使用方法は,ガソリンや軽油など石油系燃料と混ぜて使用します.
国内では自動車で普及が一部進んでいますが,

航空業界の使用例は2009/1/30にJAL747-300による試験飛行など3回で,
航空機の場合は,氷点下の高度1万メートルの飛行に堪えるため燃料の採用基準が厳しく,
バイオ燃料活用が後手に回っていたのが現状との事です.
JALバイオ燃料の初飛行では,バイオ燃料(植物のカメリナ(84%),ジャトロファ(15%),藻(1%))
の50%のバイオ燃料と従来の航空燃料(ケロシン)50%を混合した燃料を4基あるエンジンの1基で使用し,
従来の航空燃料と性能の違いは無かったとの事です.

ANAでも,2014/4/17に787-8JA808Aバイオ燃料でデリバリーされ,
シアトルから羽田まで太平洋を横断しフェリーされた事がありますが.
フェリー飛行で,実際に商業飛行した訳ではないので,今後の活用が見込まれますね.

但しバイオ燃料の主原料である,トウモロコシに関しては食用でもある事から,
それが燃料生産に回されると,食用トウモロコシの高騰や,
貧困国での食料不足にも繋がる懸念があるので,注意が必要ですね.
やはり,個人的には藻(ユーグレナー)による燃料生産がコストが下がれば有効だと思います.

コラム執筆はじめました
http://latte.la/user/129314
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)