2月に発生した台湾での航空事故の原因が判明しました.

2015.07.03 Fri

2月に発生した台湾での航空事故の原因が判明しました.

こんばんは.
今年の2月6日に,台湾の松山(ショウザン)空港を離陸した,トランスアジア航空235便GE235便)が
離陸直後墜落した航空事故が発生したのは記憶に新しいですね.
車載カメラで墜落の瞬間が捉えられていましたが,衝撃的でしたね.

GE235便の墜落原因として7月2日に台湾飛航安全調査委員会Taiwan's Aviation Safety Council)が
発表した報告書によると,GE235便の墜落に原因ですが,エンジン2基のうち,
正常に動いていたエンジンを誤って停止した事による操縦ミスとの事故報告書です.
ブラックボックスボイスレコーダー)の音声記録として,
墜落直前にパイロットが,”わあ~間違ったレバーを引き戻してしまった”と叫んでいた事が明らかになったとの事です.

実は今回の事故に良く似た墜落事故が英国で起きています.
ブリティッシュミッドランド航空92便不時着事故と呼ばれる事故ですが,
1989年1月8日に英国のヒースロ空港を離陸したベルファスト行きの,
ブリティッシュミッドランド航空92便737-400型.機番:G-OBME)がパイロットの操縦ミスで,
ダイバード先のイーストミッドランズ空港に緊急着陸する際に推力を失い滑走路手前で墜落し,
不時着時の衝撃で39名が死亡,その後病院に搬送された8名が死亡し犠牲者は計47名となった事故です.
この原因ですが,今回のGE235便と同じく,エンジントラブルが原因で,
問題のないエンジンを誤って停止した事に起因します.
調査の結果,737-400のエンジンであるCFM56-3設計上の欠陥
また,コクピットとのエンジン関係の計器モニターの配列がわかり難い表示等の問題もあり,
事故後5ヶ月間737-400全世界で飛行停止となっています.

今回のGE235便ですが,ATR-600での飛行経験が浅かったとの指摘もありますが,
このブリティッシュミッドランド航空92便のパイロットも737-400での飛行経験が浅く,
機長で23時間とコパイで53時間しかなく,エンジン関係のシミュレータは未経験だったとの事です.

エンジントラブルの際,正常なエンジン間違って停止する等考え難いですが,
飛行の経験と言うより,やはりその機種での経験と言った感じもしますね.
実機で訓練できない分,如何にシュミレータで訓練をカバーできるかが課題とも言えますね.

コラム執筆はじめました
http://latte.la/user/129314
いつもご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

関連記事

Category: 未分類

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)