A350は,ジャンボ・シュリンプ(巨大な小エビ)?

2013.11.01 Fri

A350は,ジャンボ・シュリンプ(巨大な小エビ)?

おはようございます.
今朝の日経産業新聞にこんな記事がありました.
ボーイングエアバスが皮肉言い合ってます(笑)

ジャンボ・シュリンプボーイングの社内でこんな隠語が飛び交っている.
直訳すれば.巨大な小エビ
で何を指すのかと言うと,エアバスが2014年下半期の就航を目指す,A350だそうです.

A350は,JALが,10月上旬に最大56機の大量発注をした航空機で,
正式名はA350XWB(eXtra Wide Body)
ボーイング
の幹部は言う,A350より,現行のB777の方が機体の幅は広い
小エビの意味するところは何か?.あるボーイングの関係者は,エクストラワイドと言っているのに,
意外と小さい大きくなり切れないエビと説明する.シュリンプには,ちび小物という言い回しもあるそうです.

が,エアバスも負けてはいない.ある首脳は,我々は最高の航空機を持っている.
ボーイングは最高の航空機を持ったふりをしている,とけしかける.
2社の戦いは子供のけんかのように激しさを増す.

航空機需要の見通しは明るい.ボーイングによると,2032年の世界の運航機数は41,240機
12年は20,310機だから2倍以上になる計算だ.既存機の置き換え需要もあり,
35,280機の航空機が新規で必要だという.
金額換算すれば4兆8400億ドル相当,約480兆円という巨大な市場だ.
このうち95%と大半を占める100席以上の航空機は.米欧2社がほぼ全てを供給している.
主戦場がアジアであることは双方の認識が一致している.
成長市場に巨人が2人.後から追う中国,ロシアの航空機メーカーの足音はまだ聞こえない.
それならある程度,空気感を読みながら歩調を合わせれば,とも思わなくもないのだが,
そこは健全.顧客ニーズへの対応を競う純粋な戦いを繰り広げている.

どんな業界にも同業他社はありますが,
時には協力,時には対立,ですが,やはりエアライン利用者
メリットが出る事が一番大事だと思います.
是非,国内メーカーも頑張って追従して貰いたいですね.


ご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村


関連記事

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)