B787-8で羽田へ! 鹿児島→羽田 ANA620便フライト記録.その3(搭乗日2013/08/18).

2013.08.24 Sat

B787-8で羽田へ! 鹿児島→羽田 ANA620便フライト記録.その3(搭乗日2013/08/18).


こんばんは.
今回は,2013/08/19の鹿児島発羽田行きANA620便のフライトをご紹介します.
いよいよANA620便へ搭乗します.
今回のシップはJA803Aです.
ご存じの方も多いと思いますが,JA803Aは,B787-8量産第一号機です.

鹿児島空港の天気は晴れ,気温は28℃,東の風4.6mです.
いつもの通り,L1ドアからANA620便の機内へ入ります.
CAさん(CP:Chief Perser)におはようございます.と挨拶を受け,おはようございますと挨拶を返しました.
フライトログの記入をお願いすると,いつもご搭乗ありがとうございます.
はい.了解しましたと言われたので,お手数ですが宜しくお願いしますと返しました.
出発まで時間があるので.銘版撮影をしていいですか?尋ねると,はい,大丈夫ですよ.
お荷物お持ちしますねと,CAさん(CP)に手荷物を預け,銘版を撮影しました.
銘板には機種名,製造番号等が打刻してあります.
更にB787の銘板の横にはB787 DreamLinerのロゴが入ったプレートも取り付けてありました.
さて,この銘板の場所ですが,知りたい方は是非コメントメールを下さい.

CAさん(CP)が,こんな所にあるんですねと・・CAさん(CP)も場所は知らなかった様です.
銘版の撮影を終わりCA(CP)さんにお礼を言い,座席へ向かいます.
今日は満席との事で,既に大半の乗客は着席していますが,
所々にまだ空席があります.
今回の座席は34K,行きのANA603便と同じ機首右側の最後尾の席です.
着席して,機窓から5番スポットに駐機中のB737-800(JA63AN)を撮影しました.
で,着席すると,照明がレインボーではないですか・・
B787ー8の搭乗は今回で3回目ですが,初めて室内のレインボー照明をみました.
夜なら一層きれいでしょうね.

・搭乗直前に撮影したJA803Aの銘板.銘版には機種名,製造番号等が打刻してあります.
 MODEL NO.787-8って打刻されていますね.


・機窓から撮影したB737-800(JA63AN).中部国際空港行きANA352便です.


・着席すると,おーーー前方が虹色の照明ではありませんか!


この時間帯は鹿児島空港は朝の出発・到着ラッシュです.暫くして,リバース音が聞こえたので,
機窓を見ると,RWY34へB787-8が着陸してきました.羽田発のANA619便です.
機材はB787-8JA818Aでした.本来なら,私が搭乗したANA620便が6番スポット駐機中なのですが,
出発が定刻08:00に対し,検査場の混雑により,実際の出発が08:21であった為,
また,羽田からのANA619便が定刻08:20に対し到着が07:55と予定より早い着陸となった為,
6番スポットではなく,5番スポットに変更になったのではと思われます.
一瞬ですが,B787-8が2機並んだ光景が見れました.

・RWY34に着陸したANA619便(JA818A)手前ではJALSKYB737がスポット空き待ち
 状態です.


座席に着席している間も,頻繁に離着陸が続きます.SKYB737-800peachA320が到着.
そして,JACSAAB340Bが2機離陸,
そろそろ,ANA620便も出発時間なのですが,セキュリティゲートの混雑で離陸が遅れるとのアナウンスがあり,
地上駐機中が確認し易いと思い.5番スポットに駐機中のB737-800(JA63AN)を被写体に,
電子カーテンのモードを試してみました.5段階に調節できます.

・一番明るい状態です.


・2番目に明るい状態です.


・3番目に明るい状態です.すこし暗くなった感じですね.


・4番目に明るい状態です.差ほど3番目と変わらない感じもしますが.


・一番暗い状態です.光の透過率は97%遮られるそうですが,意外に明るいと思いませんか?


暫くして.5番スポットに駐機中のB737-800(JA63AN)がプッシュバックし,
RWY34へ向け,タキシングを開始しました.JALSKYB737-800もそれぞれ駐機スポット
へ向かった様で,先ほど着陸したB787-8(JA818A)が5番スポットに到着します.

・着陸したANA619便(JA818A)が隣の5番スポットにインします.


今回のANA620便暫定国内線仕様なので,個人モニターが装備されています.
で,早速色々触ってみました.映画やゲームもできる様ですが,
やはり,マップが気になるのでマップモードで鑑賞です(笑)

・モニターとコントローラー,色々メニューがあり飛行中も楽しめそうですね.
 見える視野角もあり,隣の席モニターを見る事は出来なかったです.



空いていた空席にも搭乗客が着席し満席との事.08:21にドアクローズのアナウンスが流れ,
同時に全ての電子機器類の電源をオフする様にとのアナウンスもながれました.
アナウンス前に,もう一度機内のレインボー照明を撮影しました.
ドアクローズ少し前に通常照明になりました.

・機内のレインボー照明.一寸クローズアップで撮影


・出発アナウンスが流れる直前の照明.レインボーから通常照明になりました.


さて,プッシュバックの開始です.6番スポットからプッシュバック.
ノーズをRWY34(桜島側)に滑走路に平行に・・で,機窓をみると,peachJetStarA320
駐機していました.JetStar便は,どうやら,セキュリティ検査を終えANA620便に搭乗した間に到着した様です,
PeachANA620便に搭乗着席した際に機窓から見えた機体です.
で,不思議の思ったのですが,両機ともLCCながら,PBBを使っているので,ちょっと驚きでした.
peachは7番スポット,JetStarは9番スポットに駐機中です.
眼下を見ると,出発整備をおこなった整備士さんGSさんが手を振ってくれています.
出発前の温かい光景ですね.

ANA620便は,6番スポットからプッシュバック後,P3→P2→P1-TWY経由T1を経てRWY34に進入で.
RWY34進入後は一旦停止し,その後離陸滑走を開始です.スタンデングオフテイクオフです.
エンジン音が大きくなり機が滑走を開始しました.
時刻は08:40位です,機首上げは滑走路中心線を過ぎた誘導路T4の辺りです.
しかしながらエンジンはフルパワーではなかったと思います.
満席の上に荷物も.ペイロードもそれなりに重いと思いますが,
ふわりと浮いた感じの離陸でした.
エアボーンの際にB777の様に離陸時に頭が座席にヘッドレスに押し付けられる様な感じは全くなかったです.

ANA620便鹿児島空港でのRWY34へのタキシングルート


RWY34離陸後は上昇しながら右旋回します.
右旋回中機窓からは,鹿児島空港錦江湾,そして桜島,奥には鹿児島市の市街地が見えます.
それほど雲もなかったので,遥か向こうには.薩摩富士と呼ばれる開聞岳の姿も見えます.
ほんと機窓から見える絶景ですね.桜島を上昇中に見たもの久しぶりなので,感激しました.

右旋回を終え,鹿児島空港を並行に飛び上昇します.その後暫く飛行してから左旋回したので,
標準計器出発方式(SID)MIDAI ONE RNAV DEPARTUREだと思われます.
この経路は,東京,大阪,名古屋方面でよく使われるSIDです.

・MIDAI ONE RNAV DEPARTURE


ここから少し雲が掛かったきました.
雲がなかれば,大隅半島や志布志湾が見渡せるはずです.
暫くして,雲が切れ,陸地と海が見えてきました.
同時に,シートベルトサインが消え,電子機器類の使用可能のアナウンスが流れました.
で,早速撮影したのですが,良く見てみると,宮崎空港宮崎市内でした.
高度は18,000ft,速度は200ktと言った感じです.
ANA620便は撮影アングルからみて,丁度シーガイアの上空あたりでしょう.

ANA620便の機窓から,宮崎空港と宮崎市内.


ANA620便は一路東へ羽田空港を目指します.今回は座席が機首方向右側の為,
機窓からは暫く海ばかりの光景が広がります.機首左側を選びたかったのですが,
既に抑えられていました.残念・・でも,鹿児島空港離陸後の右前回で,
鹿児島の絶景な景色を見れてよかったです.
暫く海の上なので,個人モニターを試します.
利用中アナウンスが流れると,ポップアップウインドウが立ち上がります.
日向灘を過ぎたあたりでしょうか,コクピットからのアナウンスが流れます.
鹿児島空港での離陸が遅れたお詫びと,羽田空港の到着時間のアナウンスでした.

・アナウンス中のモニターの様子.アナウンス状態である旨のポップアップウインドウが起動します.


個人モニターはリモコンで操作もできますが,タッチパネル式です.
メニューも色々と豊富です.色々試したい所ですが,
やはり一番気になるマップモードでフライトのチェックです.

・モニターのメニューの様子.


マップモードにすると地図上に飛行しているルートを表示されます.これはとても便利ですね.
自分が飛んだルートが良くわかります.また,モードを変えると.無線局からの自分の位置と
方位がわかるモードも選べます.一寸したパイロット気分ですね.

・モニターのフライトモード,今自分が何処の場所を飛行しているのか表示してくれます.飛行機の位置ですが,
 後方側は実際に飛んだルート,前方は予定ルートを示している様です.


・モニターの磁方位モード,無線局からの方位と距離がわかります.


・こちらは,フライト情報です.高度,速度,外気温,etc・・目的地までの時間などが表示されます.


・こちら,リモコンの操作説明


・こちら,シート間での通信(チャット)の使用説明です.


・こちらは言語選択メニュー


・こちら,スカイチャンネルのメニューです.


さて,機内では,ドリンクサービスが開始されています.
今回の巡航高度は41,000ft,巡航速度は480ktです.
離陸後25分後の08:55に41,000ft,降下開始が09:30なので35分間の水平飛行です.

・飛行中のANA620便の機内の様子.座席配置が2-4-2なのがわかりますね.国内線仕様だと,
 3-3-3の配置です.


.巡航高度飛行中ANA620便の機内からみた光景.



ANA620便は日向灘から,四国沖,紀伊半島沖を東へ飛行し,紀伊半島を過ぎたあたりで,
北へ進路変更します.その後,渥美半島沖で再び東へ進路をか変え,一路羽田空港を目指します.
モニターのマップに今までの経路が表示されています.
ふと,機窓を見ると,南南西方向へ飛行する機影が見えます.SKYB737-800の様です.後でFlightrader24で調べましたが,
中部発沖縄行きのSKY551便です.高度は32,000ft,相対速度ですれ違うので,凄く早い速度ですれ違いますね.紀伊半島沖洋上09:10頃です.

・巡航高度飛行中ANA620便の機窓からみた西行きのSKY551便



09:30過ぎに降下開始のアナウンスが流れました.
でそして暫くすると洋上に島影が・・・
高度は35,000ftですが,はっきりと島影が見えます.
伊豆諸島の島々です.

ANA620便の機窓から.手前から右側に・・神津島,三宅島,御蔵島


機首右側の席からは,伊豆半島富士山が見えるはずですが,一寸覗きこんだ所
雲が見えたので,それほどクリアには見えなかったのではと思います.
暫くして式根島が見えてきました.エメラルドグリーンのリーフが綺麗に見えます.

ANA620便の機窓から.式根島.島の周りのリーフが綺麗ですね.島の中央には
 式根島空港の滑走路も確認できますね.


機窓から式根島の光景が消えると,また海が続きます.暫くして再び,機窓眼下に島がみえてきました.
伊豆大島です.ANA620便は伊豆大島上空を東に羽田空港に向かい飛行中の様です.
高度は徐々に下がり,伊豆大島上空で15,000ft,速度は350Ktです.

ANA620便の機窓から.伊豆大島上空.


伊豆大島を通過後,モニターを確認すると房総半島へ向かっている様です.
洋上飛行の様ですが,雲が出てきて地表が確認できません.
ふと,雲の切れ間から陸地と海が見えます千葉の鴨川だと思います.
既に,太平洋から房総半島上空に進入した様です.
暫くして.当機は着陸態勢に入りましたと,全ての電子機器類の電源をオフにとの,
アナウンスが流れました.
ここで,撮影は着陸後ドアオープンまで中止です.

モニターを見ると房総半島を北上している様子がわかります.
羽田空港への標準到達経路(STAR)は飛行経路からして.BACON ARRIVALと思われます.
本来は千葉県の御宿上空を経由して千葉市上空へ向かう経路ですが,
今回は,どうやらショートカットした様で,館山から千葉市方面へ直進している感じでした.
機窓からは,雲が多いのですが,房総半島の景色が見えます.
暫く飛行して,多分この辺りが羽田空港RWY22への進入旋回ポイントなのでしょう.

ANA630便の機内モニターから,房総半島を北上中なのがわかりますね.


・BACON ARRIVAL


BACON ARRIVALでは,航空機は千葉市上空で左旋回し西へ向かいます,
機窓からは陸地を離れ東京湾が見てきました..
東京湾に千葉の工場地帯がはっきりと見えます.
この付近では,アプローチチャートによると暫く5000ft維持のはずです.
フラップの着陸角へ下がり,ギアダウンの音も聞こえます.
暫くして,機窓に東京ディズニーリゾート群が見えてきました.
その後,機窓眼下に東京湾ゲートブリッジが見えてきました.
ここで,ANA620便は大きく左旋回.
飛行経路からRWY22へのアプローチはILSではなくLDAアプローチである事が判りました.
LDAは非精密誘導のやり方でILSとは違いローカライザーの電波発信角が,
滑走路から3度ずれて発信されています.
このローカライザーと滑走路を目視してアプローチする非精密進入方法で,
国内では羽田空港のRWY22RWY23のみに設置されているます.

LDAアプローチで滑走路が目視でき進入を行なう最終ポイントが,
東京湾ゲートブリッジの東京湾側上空にあたります.
羽田空港からRWY22への着陸機を見ると途中で旋回して進入してくるのが見えますが,
その旋回場所がそのあたりです.
LDAアプローチですが,基本は滑走路に目視できる視界の良い日中がメインの様ですが,
実際は視界のいい夜間も行なわれているのが現状の様です.
徐々の地表が近づいてきます.眼下には城南島海浜公園がくっきりと見えます.
羽田空港RWY22へのタッチダウンは10:09でした.

・羽田空港RWY22アプローチチャート


羽田空港RWY22に着陸後は,64番スポットへのタキシングです.
RWY22から誘導路B4へ進みB-TWY経由L-TWYを南側へ進みます.
機窓からは,増設工事中の国際線エリアと国際線ターミナルが確認できます.
A滑走路を横切るJA602A(モヒカンジェット)が見えました.
誘導路P2からG-TWYを横切りE-TWYからE5経由で64番スポットにインしました.
到着は10:12でした.

・ANA620の羽田空港RWY22着陸から,64番スポットまでのタキシングルート


ドアオープンのアナウンスが流れ,乗客の降機が始まります.
流石に満席なので,時間もかかりますが.思ったよりはすんなりと言った感じです.
後方席の乗客が居なくなったので,ギャレーを撮影してみました.
暫定国内線仕様なので,やはり国内線専用とは仕様が違いますね.

・CAさんのジャンプシートとキャビンコントロールパネル.


・キャビン内の様子.電子カーテンの明暗が良くわかると思います.


・乗客が居なくなった段階で後方から前方を撮影してみました.


・先行着陸したモヒカンジェット(B767-300 JA602A)が81番スポットに到着していました.


さて,私もそろそろ降機します.今回はフライトログは席まで持ってきて貰えなかったので,
降機時に手渡ししてくれると思っていましたが,
その通りでした.R2ドア手前でCAさんが,フライトログを預かっていた様で,
手渡しして下さいました.いつもご搭乗ありがとうございます.
また,是非お待ちしておりますと挨拶を受けました.
L2出口で鹿児島空港で搭乗時にフライトログをお願いしたCAさん(CP)に会い,
先ほどはどうも・・.ご搭乗ありあとうございました.と挨拶されました.
こちらこそ,ありがとうございますと返し,L2出口から出たい所でしたが,
搭乗前に撮影した銘版が少し小さかったので,
もう一度撮影したいのですが,良いですかと尋ねると,
はい,勿論いいですよ,ご案内しますね,L1ドアまで案内されました.
今回は時間もあるので,ゆっくり撮影です(笑)
撮影を終えて,CAさん(CP)にお礼を言いANA620便を後にしました.

・64番スポットに駐機中のANA620便(JA803A)


・隣65番スポットにもB787-8が・・JA816Aでした.


・ANA620便の飛行ルート Flightwareより


・ANA620便の高度及び速度のグラフ.Flightwareより


・記入頂いたフライトログ.



ご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村

関連記事

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

りん >>URL

Unknown

JA8094さん、こんばんは。
宮崎空港、鹿児島空港と南国ムードいっぱいなんですね。
夏休みでかなりの混雑の様子がわかりました。
往復B787で銘板、機内の様子を見ると最新の飛行機という感じが伝わってきました。
帰りはレインボー照明も見たんですね、夜の便で見てみたいですね。
いつか乗ってみたいです。
B787があちこちに飛び始め、空港で見る景色も変わっていきますね

Edit | 2013.08.25(Sun) 20:32:47

ja8094 >>URL

Unknown

りんさん.こんばんは.
やはり,出身の鹿児島と言う事もあり,宮崎も含め,普段より力が入りました(笑).そうですね.夏休み,帰省で混雑でしたが,往復B787に搭乗でき,今回はレインボー照明も見る事ができ良かったです.B787もANAで22機体勢になりました.今後,益々,国内・海外と就航する空港が増えるでしょうね.

Edit | 2013.08.25(Sun) 20:43:32

Comment Form


TrackBack

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)