FC2ブログ

ジブリ作品,風立ちぬ・・好評上映の様ですね.今日は零戦のお話です・・

2013.08.03 Sat

ジブリ作品,風立ちぬ・・好評上映の様ですね.今日は零戦のお話です・・

こんばんは.
ジブリ作品,風立ちぬ が,好評上映中の様ですね.
飛行機ネタなんですが,まだ見ていません.
零戦を設計した,堀越二郎氏をモデルとしたお話の様で,
作家の堀辰夫氏の,小説『風立ちぬ』からの着想も盛り込まれているそうですね.
この映画の中で,零戦も登場する様ですが,
零戦にもスポットがあたりそうですね.
今回は,そんな零戦のお話です.

零戦ですが,戦時中の映像を見ると,地上基地から出撃するシーンも多いですが,
航空母艦(空母)での運用を目的とした,艦上戦闘機です.
零戦とは愛称で,正式名称は”零式艦上戦闘機”です.
原型は11型で,21型,32型,52型・・64型と発展してい行きましたが,
あくまでも発展と言うよりは改良と言った色が濃く,
戦争初期には向かう所敵なしの零戦でしたが,戦争の長期化につれ,
性能面,優秀な搭乗員喪失,更に連合軍の新鋭機の登場や,
零戦への対策方等が確立され,戦争後期には劣勢に追い込まれたのは,
ご存じだと思います.
零戦の型式ですが,十の位が機体の世代を,一の位がエンジンの世代を表しています.

零戦の名称ですが,”ゼロ戦”と言う呼び方と”レイ戦”と言う呼び方をされたそうですが,
戦時中は英語は敵性語なので,”ゼロ戦”ではなく,”レイ戦”と呼ばれていたのが通説らしいですが,
兵士からは”ゼロ戦”,”レイ戦”両方使われていたそうです.
で,何故??ゼロ戦(レイ戦)と呼ぶかですが,
当時の日本の軍用機は,採用年次の皇紀下2桁を名称に冠する規定になっておりい,
零戦の「零式」との名称は,制式採用された1940年(昭和15年)は皇紀2600年にあたり,
その下2桁が「00」である為です.

零戦の開発ですが,開発元は三菱重工ですが,中島飛行機(現在の富士重工)で,
零戦全体の2/3がライセンス生産されています.
総生産数は10,430機.

国内でも,現存する零戦を見る事ができますが,
現在,埼玉県所沢の所沢航空発祥記念館で,プレーンズ オブ フェイム所蔵の52型 (尾翼番号61-120)が,
2012年12月1日〜2013年8月31日まで特別展にて展示されています.
一度,零戦の現物をご覧になっては如何でしょうか?
今年の3月に所沢航空発祥記念館で撮影してきましたので,写真をアップしたいと思います.
クリックすると大きくなります.

この,零銭52型 61-120ですが,
日本海軍の第一航空艦隊の陸上基地航空隊の第261航空隊(虎部隊)に配備された
72機のうちの1機で,1944/6/15サイパンにて米軍の捕獲され,
米本土でテスト飛行された経歴を持ちます.

零銭52型の全景.人物と比較してゼロ戦の大きさがわかると思います.


零銭52型のコクピット部分のクローズアップ.
軽量化の為,椅子の背もたれは部分的にくり抜いてありますね.


零銭52型をノーズ左斜めより撮影.零戦を間近で感じるアングルですね.
主翼から突き出ているのは20mm機銃です.

零戦52型の右主翼のクロースアップ.エルロン部分です,零戦の機体の材質はジュラルミンですが,
このエルロン部分は””で作られています.また,翼面も綺麗な仕上がりで,リベットの痕が無い様にみえますね.
沈頭鋲と言うリベットで,空気抵抗を小さくしています

日の丸ですが,敗色が濃くなるにつれて,日の丸も濃くなって行ったそうです.


零戦52型の銘板.零戦ですが,機体テールの左側に銘版が書かれています.
形式は,零式艦上戦闘機52型と書いてありますね.製造番号は中島第5357番です.
この機体は三菱重工でなく,中島飛行機でのライセンス生産機である事がわかります.
星マークが3つ見えますが,これは,敵機撃墜マーク,本機が3機の敵機を撃墜した記録です.


零戦52型の着艦フック.零戦は航空母艦で運用される艦上戦闘機ですが,その証拠として,
着艦フックがテール下部に収納されています.このフックにワイヤーを引っかけて着艦します.
戦争後期には,着艦する空母も殆どない状態でしたが・・.


零戦52型をテール後方から撮影.凄い薄い胴体なのがわかりますね.水平尾翼のエレベーター部分ではタブ
装備されいますね.


零戦52型をテール右後方より撮影.垂直尾翼には”61-120”の文字が,胴体部分もとても滑らかですね.


零戦52型の左主翼クローズアップ.突き出ているのは20mm機関砲です.
前縁の黄色は敵味方を識別する目的の為塗られています.


零戦52型のエンジン部分クロースアップ.この零戦ですが,オリジナルの栄21型エンジンを搭載した,飛行可能な機体です.
零戦52型からは,エンジン排気管が集合タイプのものから,推力式単排気管と呼ばれるものに変更されています.
排気ガスの勢いを使って速度を増そうという考えです.



零戦も色々な番組で取り上げられていますが,
私が一番興味を持った番組があります.
零戦ニ欠陥アリ〜設計者たちの記録〜”と言う,NHKのETV特集で,
2005/8/13に放送された,ドキュメンタリー番組です.
零戦の設計に関わった,曽根嘉年氏の遺品の中から見つかったメモで,
当初から設計者は零戦欠陥を指摘していたにも関わらず,
海軍は,それを認知しながらも,黙殺隠ぺいし,改良を了解しなかった事などが紹介されています.

本日もNHKのBSプレミアムで,
零戦 搭乗員たちが見つめた太平洋戦争と言うテーマで,
番組が放送されますね.
http://cgi2.nhk.or.jp/navi/detail/index.cgi?id=09_0005

ライト兄弟の初飛行以来,航空機の発展は目覚ましいものがありますが,
残念ながら,航空機の発展は戦争なくして語れませんね.
戦時化での航空機の技術の発展は,平時化の3倍以上と言われます.
ご存じの方も多いと思いますが,B747も元は米空軍の軍用輸送機として開発された機体です.
結果は,当時のロッキードC-5ギャラクシーに負けはしましたが,
その後旅客機として1,470機以上製造され,商業的な成果をおさめていますね.
いつ時代も,航空機は平和の象徴であってほしいものです.

ご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村


関連記事

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.プロフィールのアイコンはANAより使用許可を頂いております.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)