ANA国内線仕様のB787-8の救命無線機取り外しを実施,エチオピア機事故で自主対応

2013.07.25 Thu

ANA国内線仕様のB787-8の救命無線機取り外しを実施,エチオピア機事故で自主対応

こんばんは.
先日ロンドンで,エチオピア航空B787(ET-AOP)が駐機中に火災を起こすトラブルがありましたが,
この出火原因は,ハネウェル・インターナショナル製航空機用救命無線機(ELT)RESCU 406 AFNが,
原因となった可能性が高いと英国航空事故調査局(AAIB)が報告書を出しましたが.
国内においては,ANAでは,この事故を受け7/19から自主点検を開始しました.
更に7/24から,B787の国内線仕様機材から航空機用救命無線機(ELT)取り外しを終え,
手動のELTのみの運行とするとの事です.
ハネウェル・インターナショナル製のRESCU 406 AFNですが,B787-8だけではなく,
広く航空機に使われているELTです.

尚,ELTですが,国内線での装備は必須条件ではありません.
実際にANAの保有機,B747-400/DB777-200/300B767-300A320・・等で,
国際線就航機を除き,ELTは装備されていません.
国際線使用機材については,国際民間航空機関(ICAO)や就航国の規定により取り外せない為,
当面はELTの点検で対応するとの事です.

ELTですが,Emergency Locator Transmitter用の略で,
飛行中の航空機が墜落した時など機体に大きなGがかかります,
するとこのアンテナを通じて航空機の位置情報を自動的に知らせる為アンテナです.
国内を飛行する航空機の位置は直ぐに分かりますが国際線機の場合は,洋上を飛行する機会があるので設置されました.
最近の新しい機種(B737NGB777-200ERB787-8など)では,
国内線で使用される航空機でも設置されるようになっています.
アンテナの位置は,垂直尾翼の前方に装備されています.
今回のB787ELTを手動化するとの措置は,このアンテナをは外すとの事ではなく,
無線機の自動発信を無効化するとの意味だと思われます.
参考としてB787-8B777-200ER,そしてB747-400DELTアンテナを撮影した写真をアップしたいと思います.
ANA機体メンテナンスセンターにて撮影し,ANA掲載許可取得済です.

JA804AのELTアンテナ 2013/05/17 ANA機体メンテナンスセンターにて撮影


JA716AのELTアンテナ 2013/05/17 ANA機体メンテナンスセンターにて撮影


JA801AのELTアンテナ 2013/03/31 ANA機体メンテナンスセンターにて撮影


JA8957のELTアンテナ JA8957はB747-400Dですが,B747-400の改造が行われ,国際線へ就航していた機体で,
その後,再びすB747-400Dに戻された機体です.この為,他のB747-400DにはないELTが装備されています.
2012/02/17 羽田空港にて撮影.



ご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村



関連記事

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)