キャセイのB747-400,あれれ・・エンジンが違うくないですか??!

2013.07.02 Tue

キャセイのB747-400,あれれ・・エンジンが違うくないですか??!

こんばんは.
今回はB747-400エンジンについてのお話です.

B747-400には,3社エンジンサプライヤーがある事はご存じだと思います
GEのCF6-80シリーズPratt & WhitneyのPW4000シリーズRolls-Royce のRB211シリーズですね.
B747-400を運用するエアラインは,発注時にこの3社からエンジンを選択できます.
ちなみにANAGEのCF6-80シリーズを採用しており.JALも同じエンジンでした.

一部例外もありますが,通常エアラインは1機種毎に1つのエンジンを採用しますが,
海外のエアラインの中には1機種で異なるエンジンサプライヤーのエンジンを採用している,
エアラインもあります.その一例がキャセイパシフィック航空です.

歴史的に元々,英国の統治が続いた国や地域は.英国製Rolls-Royceのエンジンを採用する
エアラインが多い傾向があります.英国航空を筆頭に,カンタス航空ニュージーランド航空
そして,キャセイパシフィック航空等です.
そのうち,キャセイパシフィック航空ですが,
B747-400で採用しているエンジンはRolls-Royce のRB211シリーズですが,
一部の機体では,元シンガポール航空で使用していた機体を使用している関係で,
Pratt & WhitneyのPW4000シリーズ搭載の機体が存在します.
従って,キャセイパシフィック航空では,
Rolls-RoycePratt & Whitneyを搭載したB747-400が存在します.

このキャセイパシフィック航空Pratt & WhitneyのPW4000シリーズのエンジンを搭載した
機材を撮影できましたので,アップしたいと思います.
最初エンジンを見て,一寸機体のペイントと比較して違和感がありました.
キャセイ=RB211って固定概念があった為です(笑)
尚,キャセイパシフィック航空ですが,香港が英国の植民地であった等の理由から,
使用機材のエンジンは, B777-300ERB747-8FA340-300等,
エンジンが選択できない機種を除いてRolls-Royce社製のエンジンを搭載しています.
なので,Pratt & WhitneyのPW4000シリーズ搭載のB747-400は珍しいと言えますね.
クリックすると大きくなります.


先ずは,キャセイパシフィック航空のRolls-Royce のRB211シリーズを搭載したB-HORです.
こちらが,普段見かけるキャセイB747-400ってイメージですよね.
RB211シリーズに特徴的なエンジン後部まで寸胴な形状なのがわかりますね.
2012/04/29 京浜島より撮影



羽田空港国際線エプロンをタキシングするB-HKVです.エンジンがRolls-Royce のRB211シリーズ
ではなく,Pratt & WhitneyのPW4000シリーズなのがわかりますね.
先日このブログでご紹介した.主翼の後退角が途中で変わっている,のが確認できますね.
http://ja8094.jp/blog-entry-396.html
2012/04/20 羽田空港国際線ターミナル展望台より撮影.


ご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村


関連記事

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)