これが最後のドックでの姿か?.ドックでのB747-400D(JA8965)の整備光景です.

2013.06.21 Fri

これが最後のドックでの姿か?.ドックでのB747-400D(JA8965)の整備光景です.

こんばんは.
先日ANA機体メンテナンスセンターに行って来ました.
この日は,新第一号格納庫(東京新第一号格納庫)のみの見学ルートでしたが,
退役が噂れているB747-400D(JA8965)B767-300(JA8290)
トモダチ塗装B787-8(JA813A)を見る事ができました.
今回はB747-400D(JA8965)の整備光景と簡単な説明をアップしたいと思います.
尚,JA8965ですが,
5/31のラインアウト後,ANA機体メンテナンスセンタードックで6/11に売却整備を終え,同日ドックアウト,
その後,羽田空港東側整備地区スポット(番号は不明ですが,800番第のスポット)にストアされていた様ですが,
6/13に再びドックイン,ドックインの理由はわかりませんが,同日ドックアウトし,
6/14,羽田空港整備地区804スポットに駐機後,6/17?.に再びドックインしています.
見学日(20日)はほぼ整備を終えた感じでした.ドックアウトも近いとの事でしょうか?
離日決定まで目が離せませんね.
2013/06/20 ANA機体メンテナンスセンターにて撮影.
掲載写真はANAの掲載許可を取得しています.
クリックすると大きくなります.


ANA機体メンテナンスセンターの3Fから見たJA8965の全景,足場が組まれ,胴体が識別しにくい位でが,
整備らしい整備は行われていませんでした.間もなくドックアウトするのでしょうか?.


こちらは,同じくANA機体メンテナンスセンター3Fから見たJA8965の前方部分のクロースアップです.
ドア,エンジンカウルも閉じていますね.


こちら,JA8965の右主翼部分の拡大.ノーズギアに”965”の番号が確認できます.
主翼翼端と外部エルロンの後部に,スタテックディスチャージャ―がはっきりと確認できますね.


JA8965の垂直尾翼の上部部分クローズアップ.中央に白く見える形状の物はTVアンテナです.
特徴としてはB747-400Dのみ装備されており,B747-400には装備されていませんが,
B747-400でも,初期に国内線を飛行した機材にも装備されています
垂直尾翼の全高は地表から19.4mの高さがあります.


JA8965のテール部分のクローズアップ.中央に四角いパネルが見えますが,これはAPUの吸気口です.
左側を軸に,右側内部に開く構造となっています.


JA8965のテール部分を真正面から撮影,中央の円形はAPUの排気口,その下の構造物は,航行灯と,
アンチコリジョンのアクティブライトです.
機は停止中の為,油圧が働かず,エレベーターが下がった状態となっています.
垂直尾翼の厚みも相当ありますね.


JA8965の右主翼のクローズアップ.中央の円柱状の物は,燃料投棄口です.緊急時着陸を必要とする場合など.
安全に着陸できる重量まで燃料を投棄する必要があります.この左右の投棄口から燃料空中投棄します.


JA8965の胴体側メインギア,油圧駆動の為油圧配管が多いですね.インポートフラップは上げ状態.
B747-400では,フラップフェアリングは以前は先端を赤くマーキングした機体もありましたが,
B747-400Dではマーキングはされていない様でずね.
B747-400D(B747全般)のタイヤの直径は1.2m幅50cm,重量120kgで合計18個
他の機種と比較して.メインギアノーズギアのタイヤが同じ大きさです.
着陸時の衝撃はタイヤ1個当たり,15トン程度です.
ちなみに総重量90%メインギアで支えます.


一寸足場があり見難いのですがB747-400の上部主翼の湾曲がわかる一枚です.
巨大な翼ですが,空力性能に優れた翼で,時速M0.855を作り出す翼です.
中央のフラッペロンは油圧が効いていない為,自重で下がっていますね.
B747の主翼は高速飛行を考慮して後退翼で設計されています.角度は37.5°です.
B747の重量の割に主翼面積が小さいので,高速飛行向きな翼と言えます,
但し低速時揚力を稼がないため,それを補う技術が強力な高揚力装置を装備する事で,この課題を解決しています.


JA8965右側翼端灯)です.材質はアクリル,スタテックディスチャージャ―もはっきりわかりますね.
実物がANA機体メンテナンスセンターのお話会会場に置いてありますので,是非ご覧ください.


地表レベルから見たJA8965のNo3エンジン.主翼下部の日の丸にも注意.
ANA機の場合ですが,日の丸の外の白枠はありません.


JA8965のノーズギアクローズアップ.ギアパネルは地上走行時・駐機時の位置になっています.
ノーズライト4個ある事がわかると思います.航空機は直進性を優先する為,
タイヤには横のがありません.
B747SRと異なり.B747-400DB747-400と同じギアが採用されています.
最大離陸重量B747-400より小さい為,離着陸が多い日本国内線でも,B747-400
同じギアで問題はないとの設計によります.


JA8965の胴体下部.黄色く見えるのは,距離測定装置用の送信アンテナです.
中央翼の前にも同じ物が装備されています.


ご覧頂きありがとうございます.宜しければクリックして頂けると嬉しいです.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村




関連記事

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(2) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

B4 >>URL

Unknown

こんばんは、

ここにいたんですね、JA8965。昨日展望台の右端まで行ってしまいました、雨の中。なぜこんなに出たり入ったりしてたのでしょう。

本来予約済みの昨日の見学会に行けたらよかったのですが、何しろ搭乗を選んでしまったから。午前の回の空きは出なかったので残念でした。

昨日の搭乗時には747のポストカード搭載されてませんでした。もう在庫次第なのでしょうね。寂しい限りです。
残りの期間ですべての機材に乗れるかな。

Edit | 2013.06.22(Sat) 23:21:47

ja8094 >>URL

Unknown

B4さん.こんにちは.
JA8965は先週はドックに入ってました.整備の様でしたが,足場は組まれているものの,整備らしい光景は見れませんでしたね.ドックインした理由はわかりませんが,ほんと,最後の売却整備かもしれませんね.
まだまだ,離日まで目が離せませんね.

Edit | 2013.06.23(Sun) 13:29:30

Comment Form


TrackBack

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)