FC2ブログ

羽田空港RWY16R/L 3.5°運用はRNAVアプローチ.

2020.02.06 Thu

羽田空港RWY16R/L 3.5°運用はRNAVアプローチ.

こんばんは.
羽田空港の北側からのRWY16R/Lへのアプローチの試行,
2/2に開始され,昨日2/5まで短時間ですが,毎日行われていた様ですね.
今朝のニュースで,デルタ航空が,RWY16R/Lの進入角3.5度アプローチについて,
安全性が社内で確認できていないとして,実機飛行確認での運用を見合わせているとのニュースが
出ていました.
今回の試行で,3.5度の運用が行われたについてですが,
実際に行われていて,2/2と,2/4に行われています.
私のブログの以下のレポート参照下さい.RNAVと記載があるのが,
3.5度での運用です.

羽田空港への北からのアプローチが3日連続で実施されましたね.
http://ja8094.jp/blog-entry-1195.html

その理由ですが,ILSアプローチは,3.0度RNAVによるアプローチ3.45度です.
以下は.RWY16Rアプローチチャートミスドアプローチの箇所の拡大ですが,
下図の上が,ILSアプローチ,下がRNAVアプローチ進入チャートですが,
ILSGP(グライドパス)3.0°RNAVアプローチ3.45°となっているのがわかると思います.

hnd-rwy16.png

ILSアプローチよりRNAVアプローチの方が,航法精度が,衛星情報を使っているので高いという事なんでしょうね.
ちなみに,ILSなのか?.RNAVの運用なのかは,
羽田空港ATISAutomatic Terminal Information Service飛行場情報放送業務)をモニターすれば,
わかると思います.エアバンドをお持ちの方は,周波数は128.8MHzです.

コラム執筆はじめました
https://latte.la/column/columnist/129314
いつもご覧頂きありがとうございます.以下のアイコンを宜しければクリックして頂けると嬉しいです・・励みになります.
にほんブログ村 その他趣味ブログ 航空・飛行機へ
にほんブログ村
関連記事

Category: 航空

Edit | Permanent Link | Comment(0) | Trackback(0)

PageTop↑

Comment

Comment Form


TrackBack

プロフィール

JA8094

Author:JA8094
BOEING 747の大ファン.ANAGrの機材を中心に,空港で撮影した機体や,機体整備工場で整備中の機体のトリトンブルーの機体達の紹介に加え,航空関係全般のお話や,様々な情報,その他趣味の話なども掲載してまいります.どうぞ宜しくお願い致します.

mail:ja8094s@gmail.com

アクセスカウンター

ブログ村管理ツール

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

ブログ村航空記事一覧

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

カウンター(このブログ)